訪問マッサージとは

訪問マッサージとは

医療保険を使いご自宅、施設で受けられるマッサージの治療です

2006年に介護保険制度の基、介護予防が認可され、同時に改正された医療法で入院期間、リハビリ期間が大幅に短縮され患者様 ご家族様が満足できるリハビリ受けられなくなってきているのが現状です。

それに加え介護保険制度での訪問リハビリを担当する理学療法師(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のマンパワー不足もあり、患者様へのリハビリが供給できにくい状況になっています。

施術いす

「訪問マッサージ」とは、シルバーカーや杖がないと一人で歩いて外出が辛い方、筋力が低下し歩行が安定しない方、リハビリが受けられなくなった「寝たきり」の方を対象に、「あん摩・マッサージ・指圧師」の国家資格を有する治療師が、ご自宅、施設等にお伺いし、医師の同意のもと医療保険を使い、少ない自己負担額で受ける事の出来る在宅マッサージ治療です。

医療保険と介護保険のちがいは?

後期高齢者医療保険・国民健康保険・協会けんぽ・共済組合保険の事です。介護保険ではありませんのでヘルパーさんやデイサービス等の介護サービスを受けている方でも限度枠を気にせずご利用いただけます。医療、介護との併用が可能です。

治療の効果は?

マッサージ効果

血液やリンパの循環を促進し、筋肉をほぐし痛みや麻痺の症状を和らげます。また、筋肉をほぐす事で強張った関節の稼動範囲の拡大がのぞめます。

変形徒手強制術効果

痛みの緩和、関節の動きの改善、運動機能の改善

リハビリ効果

食事や更衣、排泄などの日常生活の維持・向上を目的として行います。「入浴時やオムツの履き替えが楽になった。」、「介助が楽になった。」などがのぞめます。

精神的ケア効果

患者様の体に触れお話しする事で、患者様と信頼関係を築き、病気に対する不安やストレスを少しでも軽減させ、お1人暮らしの方、日中お1人の方でも安心して治療が受けられるような環境を作ります。

治療の内容は?

「あん摩・マッサージ・指圧師」の国家資格を有する治療師が、医師の同意に基づき痛みを和らげる身体機能の回復を目的とした医療保険で定められたマッサージ治療を行います。