すこやか通信

Vol.1 母も喜んでいるようです

すこやか訪問マッサージ

こんにちは、訪問医療マッサージ、すこやか四日市治療院の森です。
おかげ様で先月7月4日スタートし、ご利用いただける方もホントに少しずつですが増えて参りました、ありがとうございます☆

実は最初、事務所は開きましたが「看板がない!」、「電話番号も間に合わない!」といった状況でスタートしました。
まず、「さあ、利用者さん探しや☆」と思っているのですが、まず尋ねて来るのは、いろいろな警備会社さん、玄関マット屋サン、求人広告などなど飛び込みの売り込みさん達ばかり・・・、新しい店をほっておきません、良く見ていますね♪
私も仕事の性質上地域密着型ですから、ムゲに断る事も出来ず、それなりの対応をしないとこちらも訪問先からそんな扱いを受ける事になるでしょうから、勉強と思い聞かせて頂きました。
そんなこんなで1ヵ月目はほとんど開拓も出来ず過ぎ、マッサージの先生たちにも仕事をしてもらえない日々が 2ヶ月目くらいからやっとご案内などの営業が出来始めました。しかしながら、訪問先でお客様とお話をし、説明しているとやはりお年寄りの方に限らすですが、新しい事を始めようとする事には、すごくストレスを感じてしまうようで、なかなか話しが前に進まないのが現実です★

腰マッサージ

そんな中、先日ケアマネの方から75才の女性をご紹介され、マッサージ師の先生とお世話役のケアスタッフと一緒に訪問させていただきました。
実際には75才は高齢ですが、私共の利用者の方の中では若い方に入ります。 でも訪問させていただくと、呼んで頂いた理由がすぐに分かりました。
脳梗塞の後遺症で半身不随、言語にも障害がありほとんど家から出られず、ベッドで寝ている状態です。カウンセリングをさせていただいている中でも、息子さんから以前デイ・サービスを利用したのですが周りと馴染めずテンカンを起してしまったようで、この訪問マッサージに期待をして頂きながらも不安がおありのようでした。
ただ、息子さんのお話では業院でリハビリを受けている頃のお母様は「出来るだけ自分の事は自分で」とがんばっていたそうです。
担当させて頂いたマッサージ師の先生もマヒしている右半身もそうですが、まだ無事な方にもかなり負担がかかっており、筋肉もかなり堅いといった感想でした。 最初ですから利用者様の負担を考え、20分弱程度でマッサージを終えたのですが、マヒが重度の為か言葉もはっきり分かりませんし、表情もそれはど豊かに変わる訳ではありませんでした★

横マッサージ

数日がたち、訪問先の息子さんからお電話を頂き、医師の同意書をもらったので来てほしい、「母も喜んでいるようです」とご連絡を頂きました。

私たちは3人でご自宅に向かいました。

「その後の体調はどうでしたか?」、「先日のマッサージはいかがでしたか?」

やはり、マッサージを受けた後は久しぶりに運動をした時のように疲れとか、もみ返しが出たり、拒否反応が出たりする事も無いとは限りません。
ですが、心配には及ばなかったようで、息子さんからは「何か少し軽くなった様な、具体的には言えないがいい様子です、ありがとうございます」とのお言葉を頂きました。
そして、もう一つお母様がご心配されていた医療費についても、市の制度で障害者の方には、費用が戻ってくる事も理解され、自身の事で息子さんに迷惑をかけないで済むと思っていただいた事もあるのでしょか、先日より表情が穏やかな感じがしました♪
そして、マッサージも終わり次の予定など説明させて頂き、ご挨拶をする中でマッサージ師の先生が「これからお世話させて頂きます、よろしくお願いします。」と言うと、お母様はすごく喜ばれたようで、言葉のでにくい中でもお礼を言って頂き、先生の手をとり、しっかり握手し、私やケアスタッフにも握手頂きました。
目の見えない先生にとっても、この握手は自分を受け入れてもらい、喜んで頂いていると励みなったようです、ありがとうございます☆

マッサージ肩

訪問マッサージを続けていて頂く事で、リハビリを頑張っていた頃の気持ちがもう一度膨らみ、ご利用いただける方一人一人の生活の質の改善にお役立てて頂けたら、私たちのもすごく意味のある仕事をさせて頂けると改めて感じました。

すこやかマーク